ころころころ。。

ポメラニアンが家族の一員になりました

ALPが高い・1 初めての血液検査とレントゲン 

 

突然ですが、我が家のコロ、現在通院中です。

通院についてブログに書こうか、ずっと迷ってたのですが
コロの成長記録として書くことにしました。
最初にお断りしておきますが、全っ然!面白くないです^^;
文章メインで、しかも数回続きます。。

通院中ですが、コロはとっても元気ですので♪
では、お時間ありましたらどうぞ~。。



ALP(アルカリフォスファターゼ)。
犬の血液検査を受けたことがある方なら見たことがある項目かもしれません。
肝臓や胆管の問題・骨の問題・ステロイドの投与などにより上昇する項目です。

我が家のコロ、このALPの値が高いため、通院しています。
20140715_1.jpg
いやいや、食べ物じゃないから(笑)


初めて気がついたのは今年の3月。
まだ私がブログを始める前。コロは4カ月半くらいのときでした。


3月に、コロが1週間ほど毎日吐いていたときがありました。
原因は車酔いだったり空腹だったり。。。


もともと吐きやすい子でしたが
3月9日、夜の11時くらいに吐いて、そのままソファの上で暴れ始めました。

これはただ事ではない!と、遅い時間でしたがかかりつけの病院へ電話。
留守電にメッセージを入れておくと、すぐに先生から折り返し電話がありました。


折り返しの電話のときは、コロは落ち着いて普通になってました。
落ち着いていて水分も取れるようなら様子を見ましょうとなり、翌日の朝イチで病院へ。

※後から冷静になって考えると、あれはやつあたりでソファを掘ってたような。。
 その頃は、まだソファを掘る行動をあまり見たことがなかったので。。^^;


病院で診てもらいましたが、とりあえず見た目と触診では特に問題はなさそう。
レントゲンと血液検査で、もう少し調べてもらうことにしました。

20140310_h.jpg
血液検査の結果の一部がこちら。

中ほどのALPの項目、平均の3倍くらいの値が出ています。
その他は問題なしでした(血糖値が微妙に高いけど)


成長期はALPの値が高く出ることもあるし、他の項目は正常値なので
肝臓の薬を飲んで、少し様子を見ましょうということになり。。。

吐いた原因は特定できなかったのですが、他に特に症状もなかったので
とりあえず1週間分のお薬をもらい、そのときはそれで終わりになりました。


20140310_20140611121750cdd.jpg 20140310_2.jpg
3月10日、病院から帰宅した時の写真です。
毛で見えにくいけど、採血したところにガーゼがまいてあります。
テープが毛にくっついてしまい、取るのに苦労しました。。
取ったガーゼには血が。。!! ←あたりまえ


あ。レントゲンの結果も問題なしでしたが、ひとつ判明したことが。

コロ、肋骨が1本足りませんでした。生まれつきのようです。
足りないものはどうしようもないですし、生きていく上でも特に問題ないそうです。
この件に関しては、我が家、誰も気にしてません^^;



やはり長文ばかりになってしまう。。
まだまだ続きますので、また次回。。
読んでくださった方(いるかな?^^;)ありがとうございます。



本日、コメント欄閉じさせていただきますm(__)m

長文読んでくださってありがとうございます。
よろしければポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村

category: 病院

tb: --   cm: --

△top